ねこチャレ「ワンピースは極悪非道だった」

HKMネコ育チャレンジ

セクション11「ワンピースは極悪非道だった」

ルフィー:こうやって考えると、ワンピーズの歴史の20年間のなかの115年や16年は、ムダだってことだな。

ヒロ:今までのルフィーさんの戦いの中では、

” ガッツ~ン

ルフィー:グハァア!

ヒロ:大丈夫ですか?ルフィーさん? ゲぇ~血が、チが~出てますよ。口から。

ルフィー:ヒロさん。こんなもの、どってことねーよ ” って、

感じの会話の繰り返しが多かったですよね。

ルフィー:おう。

ヒロ:これの原因は、ルフィーさんが同じ行動を繰り返していたからなんですよ。同じ行動を繰り返しているので、同じセリフになっているんです。

違う行動をしていたら、違うセリフになるでしょう?

ルフィー:そりゃ俺だって違う行動をしていたら、違うことを言うよ。

よっく考えるとヒロさんの言うとおりだよな。「同じ」攻撃をするって

ほんとムダだよな。物語の要素にもなっていないし、視聴者も喜ばないしな。

家族や知り合い同士で、テレビで俺の戦いを観ながら

「今週はこの攻撃の繰り返しでおわりだな!?」

「来週もこれでおわるんじゃないかな!?」的な会話を、半笑いでされているかと思うと少し恥ずかしい気がするよな。

これを減らせば戦いの時間は半分になるぜ。

でも、どうしてオレの攻撃は繰り返しになんだろ?

 

ヒロ:それは、ルフィーさんモノを考えていないからなんです。

なんで攻撃が当たらないか、なんで当たったのか、そうすれば当たるか、を考えていないんです。

同じ攻撃を2~3回繰り返したら、観察確認できた事実をもとに、どうして当たらないか? こうすれば当たるんじゃないか! と、よく考えるんです。そういう風な「観察に基づいた考察」に裏付けられた行動でなければ体験学習にならないんです。

同じ行為を10回繰り返しても経験値は「10回」ではなく「1回」なんです。

だから、なかなか能力が上がっていかないので、戦いの時間が長くかかってしますのです。

この点から考えると、結果を出すためには「不十分な行動しかしていないと」言えます。ルフィーさんの行動は、ムダだけじゃなく、「無理」も発生させていると言えますね。

 

ルフィー:「同じ攻撃」を「何度も何度も繰り返す」って言うのは、「ムダ」だけじゃなくて「無理」でもあるんだな。

同じ攻撃ってことは「攻撃の強度」も上がってねえんで、デリバから見ても

「ムダな時間使って」

「無理な訓練をしている」って言うことだよな。

 

ヒロ:「無理とムダが合わさっている」と言うことを「ムラがある」と言うんですよ。

無理 + ムダ = ムラ

ですからルフィーさんの攻撃にはムラも発生していると言うことにもなります。

 

「同じ攻撃」の「繰り返し」と言うのは何とも恐ろしい、何の価値もない、時間の浪費行動だと言うことなんですね。

しかも視聴者の時間も同時に浪費させてしまわせていると言う、極悪非道な行為だったんですね。

なんと恐ろしい。

 

ワンピースは拷問であるだけではなく、

極悪非道でもあったんです!

つづく   

By Hiro

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です