ねこチャレ:最終回「ルフィーは改心を誓った」

HKMネコ育チャレンジ

「同じ攻撃」の「繰り返し」と言うのは、何とも恐ろしい、何の価値もない、時間の浪費行動だと言うことなんですね。

しかも、視聴者の時間も同時に浪費させてしまわせていると言う、極悪非道な行為だったんですね。

なんと恐ろしい。

ワンピース拷問であるだけではなく、

極悪非道でもあったんです!

セクション最終回「ルフィーは改心を誓った」

ルフィー:極悪非道って・・・・・! 知らなかったんだよー! 知らなかったんだよ。オレ、なんにも知らなかったんだよ。サボ!

ウォ~ン ウォン ウォン

 

ヒロ:ルフィーさん。極悪非道は海賊のトレードマークジャないですか。これでルフィーさんも立派な海賊ですね。

ルフィー:やだやだ。オレは良い海賊が好きなんだよ。

チャンとやるよ~ これから繰り返し攻撃止めて、標準行動をちゃんとやるよ~!

ヒロ:ちゃんとモノを考えますか?

ルフィー:ちゃ~とモノをかんがえるよぉ~!

 

ヒロ:ルフィーさんが本当に改心する気があるのなら、まだ展開を早くする、つまり極悪非道から抜け出す方法があるんです。

ルフィー:おしえてくれよ~。オレ改心するから、何でもやるからぁ! 何をやったらいいのか教えてくれ~!

 

ヒロ:分かりました。言って見ればルフィーさんは故意犯ではなく、過失犯です。罪は軽いです。

それでは、もう1つ、ムダをとる方法をお教えしましょう。しかもこれは、ルフィーさんの「良い海賊」のイメージ作りに役に立つ方法なんです。

ルフィー:ほんとかぁ? お願いします。オレ一生懸命やるよ。何をすれば良いんだ~?

 

ヒロ:言葉遣いです。

ルフィー:え? 言葉遣いって?

ヒロ:しゃべり方です。ルフィーさんの。

ヒロさんはこの文書を書いて分かったのです。ルフィーさんの言葉遣いの特徴。2つ有ります。

1つは、ルフィーさんのセリフをPCで入力すると漢字に変換できない言葉が多いんです。

たとえば「おめ~」「てめ~」「すんげぇ」「わりー」などです。

これは本来「お前」「手前」「凄い」「悪い」と変換されるものです。このような言葉がぱっと思いつくだけでこれだけあるんです。良く探したらこれの3倍くらいの言葉数になると思います。

この漢字不変換コトバが多いこと自体は文書にした場合の特徴なので良しとしましょう。

でも、この例を見て何か気が付きませんか?

ルフィー:;ん~……???

ヒロ:答えは、文字数じたいが「多い」んです

ルフィー:おお、確かにそうだな。

ヒロ:そうなんです。それがフィーさんの言葉遣いの特徴の2つ目なんです。

ルフィーさんのお話する「文書」って普通の人より長い事なんです。

ルフィー:そっーかなー。普通の人より長いかな~?

 

ヒロ:長いんです。証明してみましょう。

これを見てください。これはこのコンテンツで使用したセリフの一部です。

 

例1「ナ~ンダ、そーだったのかぁ。オレもなげ~名前だな、って思ってたんだ。はやく言ってくれよぉ。」 (18文字)

 

例2「だから、あっちの話もこっちの話も視聴者に伝えなきゃなんねぇし。そこに持ってきてオレがいるビッグマム編も、オレと船チームに分かれているだろう。だからここでもオレの方も、船チームの方も伝えなきゃなんねぇから時間が幾らでもくっちまう。

そこに持ってきて本編と関係のないエピソードをいっペい伝えなくちゃなんねえこともあるんでいっくらでも時間が経っちまうんだ。」(174文字)

 

例3「極悪非道って・・・・・! 知らなかったんだよー! 知らなかったんだよ。オレ、なんにも知らなかったんだよ。サボ!

ウォ~ン ウォン ウォン」(63文字)

 

ルフィー:確かにオレが言ったセリフだぁ。

 

ヒロ:各セリフの後ろにセリフの文字数を入れておきました。もちろん「」カッコの数は数えていません。

ルフィー:「・・・」とか「!」「。」とかも数えているのかぁ?

ヒロ:・・・・・。ルフィーさん、そんな細かいことを言って人のあげ足をとっていると、海賊王にはなれませんよ。なれるのはせいぜい視聴者に時間を浪費させる「極悪非道な海賊」ですよ。

ルフィー:ごめんよ~ごめんよ~ ヒロさん勘弁してくれよ~ ウォン ウォン

ヒロ:はいはい。わかっていただければいいんですよ。話の続きをします。

今度はこちらの文書を見てください。

ルフィーさんの本来のセリフの下に、赤い文字で書いている文書を入れてみました。この赤い文字の文章は、上のルフィーさんのセリフを海賊女帝ボア・ハンコックさんの「妄想の中のルフィーさん」のセリフに置き換えたものです。

 

例1「ナ~ンダ、そーだったのかぁ。オレもなげ~名前だな、って思ってたんだ。はやく言ってくれよぉ。」 (45文字)

なんだ。そうだったのか。俺も長い名前だと思っていた。早くいってくれよ。」(36文字)

例2「だから、あっちの話もこっちの話も視聴者に伝えなきゃなんねぇし。そこに持ってきてオレがいるビッグマム編も、オレと船チームに分かれているだろう。だからここでもオレの方も、船チームの方も伝えなきゃなんねぇから時間が幾らでもくっちまう。

そこに持ってきて本編と関係のないエピソードをいっペい伝えなくちゃなんねえこともあるんでいっくらでも時間が経っちまうんだ。」(174文字)

 

だから、あっちの話もこっちの話も視聴者に伝えなければいけない。更にオレがいるチームも、オレと船チームに分かれている。だからここでもオレの方も、あっちのチームの方も伝える必要があるから時間が幾らでもかかってしまう。加えて本編と関係のないエピソードを一杯伝えなくてはならないこともあるんで、幾らでも時間が経ってしまうんだ」(158文字)

 

例3「極悪非道って・・・・・! 知らなかったんだよー! 知らなかったんだよ。オレ、なんにも知らなかったんだよ。サボ!

ウォ~ン ウォン ウォン」(63文字)

極悪非道って・・・・・! 知らなかったんだよ。知らなかったんだよ。オレ、何も知らなかったんだよ。サボ! ウゥ」(52文字)

 

ヒロ:本来のルフィーさんのお話の仕方だと「45文字+174文字+63文字」となって3つ合計で「282文字」になります。

これに対し妄想型ルフィーさんのセリフでは「36文字+158文字+52文字」となって3つ合計で「246文字」となります。

本来の話し方を基準とすると妄想型は約87%の長さです。

妄想型のお話にかかる時間は、ルフィーさん本来のお話の仕方に比べて13%短いんです。

 

ルフィー:これってオレの話方には13%のムダがあるっていうことなのか?

ヒロルフィーさんのお話のしたかは、ルフィーさんのキャラクターづくりのために役に立っているのは事実です。でも同じように普通の人に比べて約13%長い事も事実なんです。

 

それに、妄想型ルフィーさんの方が、「正義の味方」感が、かなりありますよ。

ルフィー:正義の味方感か~。それはで~じだな。

ヒロ:でしょう!?

黒ひげさんとかビックマムさんとかのお話の仕方って、「悪者」的でしょう?

でも、シャンクスさんのお話の仕方はどうでしょうか?

ルフィー:シャンクスはオレの憧れの人だ。シャンクスは正義の味方だ。

ヒロ:ですよね。

シャンクスさんはカッコいいですよね。世界中の人は黒ひげさんやビッグマムさんよりもシャンクスさんに海賊王になって欲しいと思っていますよ。きっと!

ルフィーさんが黒ひげさんとかにあこがれているのならばしょうがないですけど、ほんとうに海賊王を目指すのならコトバ遣いは大切ですよ。

ルフィー:おう。わかった。オレ妄想型の話し方を身につけるよ。それにオレが妄想型になると早い物語の展開に確実に役に立つしな。

 

ヒロ:はい。さすがですルフィーさん。

それでは、標準行動をちゃんと守って、言葉遣いを改めてくださいね。

そうすれば、視聴者も戻ってきますよ。

ルフィーさん。がんばってください。

 

ルフィー:おう! オレは海賊王になる!

ヒロ:パチパチパチ。

おしまい

By Hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です