ねこチャレ「ルフィー、標準行動を教えてもらう」

HKMネコ育チャレンジ:「ワンピース長すぎ問題チャレンジ」

ヒロ:デリバレイトプラクティスの「少しずつ負荷をあげる」と言う程度は、「背伸びをすればできる」「上級者に助けてもらえばできる」程度の負荷です。

今の実力から離れすぎていると効果はありません。

ルフィー:ふ~ん。解ったような、解んないような。ま、いいや!

「標準行動」だけ教えてくれよ。 

セクション9「ルフィー、標準行動を教えてもらう」

ヒロ:まとめを兼ねて「標準行動」を作ります。

標準行動は「物語全体の標準行動」「とルフィーさんの戦いに特化した標準行動」が有ります。

物語全体の標準行動に関しては、登場人物全ての方が心がけなくてはなりません。

でも味方だけならばご協力いただけますが、敵の人達にはご協力いただけないので、全体の標準行動は無理があるかもしれませんね。

ルフィー:いや~。大丈夫じゃねかな。気持ちはみんな同じだとおもうぞ。みんな若作りをしているんだけど、もう20年もやっているんで本当はみんなもう中年なんだ。疲れがなかなか取れないってみんな言ってるぜ。

ヒロ:そうですね。麦藁の仲間だって大人になってから20年以上たっているんで、普通ならもう小学生か中学生の子供がいるような年ですもんね。そうかもしれませんね。じゃぁ、物語全体の標準行動も示しますね。

 

標準行動の枠組みは以下の通りです。

 

1)各「〇〇編」の全体の標準行動を作るためには

①勧善懲悪型の物語の要素を充たす。

②その要素も必要以上はやらない。

 

2)ルフィーさんの戦いに特化した標準行動を作るためには

スポコン型の物語の本質である

①「体験学習サイクル要素を充たす」

②「その要素も必要以上はやらない」

③「デリバレイトプラクティスの要素を充たす」

 

この枠組みに沿って標準行動を創っていきます。

先ほど言ったようにワンピースと言う物語の基本形は

①勧善懲悪型

②スポコン型

の2つによって構成されていいます。

ワンピースという物語を「全体」として見た場合にはスポコン型がベースになっています。

そして各篇を勧善懲悪型として、その「編」をつなぎ合わせて物語を作っています。

そして各篇ではスポコン型を組み込んだ形になっています

ワンピースは「一少年が海賊王になっていく」と言う物語なので全体の構成がスポコン型で、努力を重ねる、根性を付けるという経験・プラクティスをするために、各ステージ(「ドレスローザ編」のような「〇〇編」)が用意されているんです。

だから、麦わらの一味の戦う相手は段々と強くなっているんです。要するに学習を積んでいるんですね。

大きな学びを得るためには大きな学習の場が必要ですので、戦いの規模が拡大して行きます。ですので段々と物語を重ねる度に時間がかかるようになるんです。

そして各ステージ(偏)でのルフィーさんの「訓練=戦い」を正当化する理由として勧善懲悪物語が用意されていると言う構成です。

ルフィーさんが海賊王になりたいと言う自分の願望を達成する為には、四皇を倒すレベルの強さを修得する必要があります。そのためには、段々と強い相手と戦い自分の戦闘力をアップする必要があります。つまり強くなるためには戦いを一杯やる=訓練をする必要があります。

でも強くなりたいからって、だれかれ構わずにケンカを売っていったら、悪者になってしまします。

だから、「強くなるための練習として戦う」必要を充たし、戦いをする事の正当化理由が必要なんです。

それが勧善懲悪の各物語の『ヒーローが悪い奴をやっつける』と言う要素なんです。

 

ですから標準行動の要素は

①悪い強い奴がいる。

②そいつの欲望のためにいじめられるお母さんや若い女の人がいる。

③ヒーロ―が現れる

④ヒロ―は悪い奴と戦うがぼこぼこにされる。でも、ボロぼろになりながらヒーローは何度でも立ち上る。ヒーローは立ち上がるたびに強くなる。

⑤ボロボロになりながらも最後には敵に打ち勝つ。

⑥めでたしめでたし。

の6つの要素です。

そしてこの要素に各要素の性質を考えながら必要な回数を決めて「標準行動」とします。

水戸黄門の時間配分を参考にしました。

大体こんなものではないでしょうか。

 

全体の標準行動

NO 要素 ストーリーの流れ・要素 回数
悪い権力者 【5分】人々を恐怖政治支配する具体例を見せる。

【5分】母親が殺される子供がいる。

【10分】ヒロイン登場

1回
理不尽ないじめが集中する若い女性 ヒロインが悪い権力者によって徹底的にいじめられる。 1回
ヒーロー登場(AIDA) 【1話】ヒーローとヒロインがであう(注意喚起)。

【2話】ヒーローがヒロインに興味を持つ。

ヒロインエピソード。

【3話・4話】弱いながら悪者に負けないようにけなげに戦っているのを見て助けたい欲望にかられる。

行動する。

4回
体験学習サイクル

デリバレイトプラクティス

【1話】戦う➡負ける➡学習

【2話】戦う➡負ける➡学習

【3話】戦う➡負ける➡学習

【4話】戦う➡負けない➡学習

4回
最後に逆転勝利 根性フルで完全に勝利する 1
めでたしめでたし 悪い奴が復活しない事を断言する

みんなが救われた

ヒーローにお礼を言う

1回

 

12週で一つの「〇〇編」が完結すことになります。

つづく

By Hiro

“ねこチャレ「ルフィー、標準行動を教えてもらう」” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です